勘と経験と読経

略すとKKD。ソフトウェア開発やITプロジェクトマネジメントに関するあれこれ。

Professional Engineer

「ソフトウェアアーキテクチャの基礎」を読む Part.3(完結)

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第63回。同僚と読書期限を約束することによって積読が確実に減るという仕組み。過去記事はこちら。さて、今回は「ソフトウェ…

「ソフトウェアアーキテクチャの基礎」を読む Part.2

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第62回。同僚と読書期限を約束することによって積読が確実に減るという仕組み。過去記事はこちら。さて、今回は前回につづき…

「ソフトウェアアーキテクチャの基礎」を読む Part.1

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第61回。同僚と読書期限を約束することによって積読が確実に減るという仕組み。今年も、たんたんとやっていきます。過去記事…

2023年に買ってよかった老眼対策グッズ

2023年に老眼対策グッズを買ってQoLが向上したという話。遠近両用メガネと読書灯とアイケアグッズについて。 老眼マジでつらい もともと視力は良い(現在も裸眼で両目1.2)のだけれども、40代後半で老眼がひどくなった。最初は+1.0のリーディンググラスを愛…

Inside MSという視点で「世界一流エンジニアの思考法」を読んだ

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第60回。同僚と読書期限を約束することによって積読が確実に減るという仕組み。過去記事はこちら。さて、今回読んだのは「…

詳解システム・パフォーマンス 第2版の16章ケーススタディと動画

要件定義などの調べものをずっとやっていた反動(?)で、ずっと読みたいと思っていた「詳解 システム・パフォーマンス 第2版」を読んでいる。ちなみに第1版も(事情により)かなり読み込んでいる。第2版はいろいろとアップデートされているので楽しみな本で…

システム設計の現実に触れる「SYSTEM DESIGN INTERVIEW」を読んだ

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第59回。同僚と読書期限を約束することによって積読が確実に減るという仕組み。過去記事はこちら。さて、今回読んだのは「…

「Gitlabを学ぶ」を読んだ

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第58回。同僚と読書期限を約束することによって積読が確実に減るという仕組み。過去記事はこちら。さて、今回取り上げるの…

汎用的なデジタルリーダーシップ本としての「プロダクトマネージャーのしごと第2版」

先日、オライリーのSNSキャンペーンで当選して「プロダクトマネージャーのしごと 第2版 ―1日目から使える実践ガイド」をプレゼントいただいた(皆さんも根気強く申し込みましょう)。自分は普段プロダクトマネジメントを仕事としているわけではない(サポー…

「スタッフエンジニア マネジメントを超えるリーダーシップ」をマネジメントの観点で読んだ

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第57回。同僚と読書期限を約束することによって積読が確実に減るという仕組み。過去記事はこちら。さて、今回取り上げるの…

ふりかえりツールとしての「失敗マンダラ」(「DX失敗学」の感想)

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第56回。同僚と読書期日を約束することによって消化が捗るという仕組み。過去記事はこちら。さて、今回取り上げるのはちょ…

「人が増えても速くならない」と素朴概念の問題

読むのがホネな技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第55回。同僚と読書期日を約束することによって消化が捗るという仕組み。過去記事はこちら。さて、今回取り上げるのは話題…

「要件最適アーキテクチャ戦略」の後半も読んだ。まずは正しくモノリスを作るDDDの本だ

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第54回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

「要件最適アーキテクチャ戦略」の前半を読んだ。難しいぞ

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第53回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

ウォーターフォールを殺しにきている書籍「継続的デリバリーのソフトウェア工学」を読んだ

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第52回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

Glenn Vanderburgの「Real Software Engineering」講演(2017)を見る

デッドライン読書会という企画で「継続的デリバリーのソフトウェア工学 もっと早く、もっと良いソフトウェアを作るための秘訣」を読んでいる(4月に入ったら感想を書く予定)。同書で紹介されていたGlenn Vanderburgの「Real Software Engineering」講演(20…

V字モデルの深淵を覗き込んで反省する:「単体テストの考え方(UTPPP)」を読む(後編)

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第51回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

V字モデルの深淵を覗き見た気分:UTPPPを読む(前編)

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第50回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

「デジタルトランスフォーメーション・ジャーニー」でDXできる? #デッドライン読書会

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第49回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

エンジニアの中高年危機について考える1:モダンエルダー

中高年になってしまったので、中高年危機について勉強したり考えている。というわけで何回かに分けて調べたことや考えたことをアウトプットしていきたい。明確な構想を立てているわけではないので、先に進むにつれて考え方も変わるかもしれない。今回は「モ…

要件定義を専門でやる技術者(Requirement Engineer)に関する雑感

タイムラインに流れていた『もう発注側企業に要件定義能力はないので、要件定義を専門でやる技術者(Requirement Engineer)が世界でも日本でも出てきている』という話に関する極めて個人的な雑感。あるいは記憶のダンプ。b.hatena.ne.jp 要件定義を専門でやる…

頭を良くしたいので「哲学思考トレーニング」を読んだ #デッドライン読書会

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第48回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

いまさら「マスターアルゴリズム」読んだ #デッドライン読書会

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第47回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

要件定義ではHowじゃなくてWhatを語れという話

ソフトウェア開発における要件定義では「要件定義ではHowじゃなくWhatを語れ」とか「UIの議論の前にシナリオ/ユースケースを整理しろ」という話を最近何度かすることがあった。この考え方は過去のいろいろな学習経験とプロジェクト経験から来ているのだけれ…

「エンタープライズ設計」を再読した #デッドライン読書会

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第46回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

パタヘネを読む4(付録A、B) #デッドライン読書会

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第45回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

パタヘネを読む3(第5章〜第6章) #デッドライン読書会

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第44回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…

データフローダイアグラム(DFD)は要件定義では有用ではない

タイトルは言いすぎかもしれないけど、最近のソフトウェア開発においてDFDを書くことはあまり合理的ではないという話(例外はある)。最近DFDについて相談されたので調べたり考えたりしたことを書く。 データフローダイアグラム(DFD)について 構造化分析モ…

文化心理学、思考様式とソフトウェア設計について考える

以前に読んだ「教育心理学特論 (放送大学大学院教材)」が面白かったので、改めて心理学について学んでいる。あらためて基礎からというつもりで導入科目の「心理学概論 (放送大学教材)」の授業を受けているのだけれども、講義中「文化心理学」の紹介で紹介さ…

パタヘネを読む2(第3章〜第4章) #デッドライン読書会

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第43回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗…