勘と経験と読経

略すとKKD。ソフトウェア開発やITプロジェクトマネジメントに関するあれこれ。

「Building Microservices」6章までを読んだ #デッドライン読書会

未消化の積読技術書をデッドラインを決めて読んで感想をブログに書く企画(ざっくり)の第4回。今回は少し前に発売されたオライリーの「マイクロサービスアーキテクチャ」を2回に分けて読むことにしている。というわけで第6章まで読んだ感想など。マイクロサ…

気になる洋書技術書をとりあえず斜め読み 2019/5

読んでみたい本が多すぎる。が、よく考えてみたら米oreillyのサービスに加入しているので何冊読んでも追加でお金はかからない(定額読み放題)。というわけで、目ぼしい未読の洋書技術書について、まず冒頭だけざっと読んでみた。現時点の気になる本リストか…

「業務デザインの発想法」を読んだ #デッドライン読書会

未消化の積読技術書をデッドラインを決めて読んで感想をブログに書く企画(ざっくり)の第3回。今回は発売されたばかりの「業務デザインの発想法」を課題図書に選定。読んでみた。デッドライン読書会のルールは、以下参照 読書×締切ではじめる「デッドライン…

Tail Latencyに関する論文読み

Misreading ChatのPodcastでTail Latencyに関する論文の紹介がされていて非常に興味深かったので、自分でも紹介されている論文を読んでみたという話。Misreading Chat Podcastのほうが的確な要約になっているので興味があればまず視聴するのがおすすめ。 Epi…

Effective DevOps 第Ⅴ章~第Ⅵ章を読んだ #デッドライン読書会

未消化の積読技術書をデッドラインを決めて読んで感想をブログに書く企画(ざっくり)の第2回。 前回記事はこちら Effective DevOps 第Ⅰ章~第Ⅳ章を読んだ #デッドライン読書会 - 勘と経験と読経 ルールはこのあたり 読書×締切ではじめる「デッドライン読書…

情報システムの障害状況ウォッチ(2018年後半)

趣味の情報システム障害状況ウォッチ。前回に引き続き、今回も駆け足で確認。元ネタはこちら。みんな見たほうが良いよ! 情報システムの障害状況一覧:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 2018年後半(7~12月)の傾向 2018年前半はかなりハイペースで障害が…

Effective DevOps 第Ⅰ章~第Ⅳ章を読んだ #デッドライン読書会

技術書の積読が一向に減らない。世の中的には積読合宿で消化したり、ABDという読書手法で団体戦で消化する方法もあるようだが自分はあくまで自分自身で消化したい派である。というわけで知人と一緒にデッドライン(締切り)を設定して積読に立ち向かうことに…

腐ったリンゴ理論/ヒューマンエラーを理解する

DevOps関連の書籍(DevOps HandbookやEffective DevOpsなど)やPostmortem関連の記事でよく引用されている書籍「ヒューマンエラーを理解する―実務者のためのフィールドガイド」について調べたメモ。ヒューマンエラーを理解する―実務者のためのフィールドガイ…

EAの死あるいは再生、複雑適応系

昨年読んだ「――システム構築の大前提―― ITアーキテクチャのセオリー」は現代版のEA(Enterprise Architecture)の教科書として非常に素晴らしい本であった。というわけで久しぶりにEAに興味が湧いていろいろと調べていたところ、2019年に入って「Complex Enter…

PagerDutyのPostmortem(トラブル事後分析)ガイドが公開。かなり良さそう。

Monitoring Weekly - Improve your application monitoringのニュースレター経由で知ったのだけど、PagerDutyからPostmortemのガイドが公開されていたようだ。 Introducing the PagerDuty Postmortem Guide | PagerDuty PagerDuty Postmortem Documentation …

Scratch3.0でAtCorderに参加できるようになったのでいろいろやってみた

AtCorderという競技プログラミングサービスがある。設問に対して各種の言語で回答を書くと合否判定されるものなのだけれども、最近Scratchで書いたロジックをC++に変換してAtCorderの解答欄に入力できるという面白ツールがリリースされていたので、これを利…

ゲリラでない採用面接ガイド(自分用)

ほぼ自分用メモ。人材の採用面接はいつも悩ましくて、いろいろ調べたり考えたりしている。いっぽうですぐに調べたことを忘れてしまう(だって人間だもの)のでストアしておく記事。定期的に更新していきたい。 現時点の採用面接の基本方針 所属組織のガイド…

2018年下半期に読んだ本まとめ

2018年7月~12月に読んだ本のまとめ。カウント対象は期間中に読み終わったものに限り、読みかけの本は対象外としている。あと雑誌コミック類もけっこう読んでいるのだけれども、これは除外。 2018年下半期に読んだ本 2018年7月~12月に最後まで読み終わった…

紙駆動開発とのつきあい方

開発者向けのPodcastの「しがないラジオ」を聞いていたら、SIer受託開発で「紙駆動開発(Paper Driven Development)」がキツかった的な話が面白かったので、いろいろ思うところを書いてみる。 しがないラジオ sp.19a【ゲスト: Dear_you_cry】楽しい!?PL/…

軽めに情報システムの障害状況ウォッチ(2018年前半)

趣味の情報システム障害状況ウォッチ。2017年後半のウォッチが飛んでいるのは自分自身とか所属組織が巻き込まれたとかではなく、単に忙しくなって忘れていたから。とはいえ現在も忙しいので個別事象のピックアップは省略。過去に書いた関連記事は以下の通り…

LeanとDevOpsの科学/Accelerate翻訳版が出るみたい

先日英語版で読んだAccelerateがさっそく翻訳されたようだ。なるほど、タイトルはこうなるのか・・・LeanとDevOpsの科学[Accelerate] テクノロジーの戦略的活用が組織変革を加速する impress top gearシリーズ作者: Nicole Forsgren Ph.D.,Jez Humble,Gene…

パフォーマンス分析に関するアンチパターン

いくつかの書籍に書かれたパフォーマンス分析に関するアンチパターンを整理してみた。ここに無いものでご存知のパターンがあればご教授いただきたい。アーキテクチャや組織のパターンはよく見るけど、対応手法に関するパターンってあんまり多くないのかも(…

最近チェックしている英語技術書(2018/11)

Safaribooksonlineを個人で利用できるようにしたので(詳しくはこちら)時々面白そうな本が無いかチェックしている。最近チェックした本についてのまとめ。なお、どれも完読はしていない。 Seeking SRE Seeking SRE: Conversations About Running Production…

新Kindle Paperwhiteが良さそうな一方で5年前に買った旧機種が現役という問題

新Kindle Papewhiteが発表された。順当に軽量化、高性能化されているだけでなく、ついに防水対応されたのでさすがにちょっと欲しくなっているKindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB(Newモデル)出版社/メーカー: Amazon発売日: 201…

State of DevOps Reportより踏み込んだ考察本「Accelerate: The Science Behind Devops: Building and Scaling High Performing Technology Organizations」が面白い

大分周回遅れなのだけれども、最近読んでいる「Accelerate: The Science Behind Devops: Building and Scaling High Performing Technology Organizations」がめっぽう面白い。なお以下にKindle本へのリンクを示すが、私はここに書いた手法で定額制の範囲内…

「The Art of Monitoring」で紹介されてた時系列データ可視化のコツ

先日読んだ「The Art of Monitoring」で紹介されていた時系列データ可視化の参考資料について調べたこと。Datadogの資料はすごく参考になる。The Art of Monitoring (English Edition)作者: James Turnbull発売日: 2016/06/08メディア: Kindle版この商品を含…

DevOps的な非機能要件(運用要件)リスト

The DevOps Handbookで紹介されていた The Top Ten DevOps “Operational Requirements” | DevOpsGroup を読んだら面白かったというメモ。国内ではあんまり取り上げられていないような気もする(もしくは私が不勉強で知らないだけ?)The DevOps ハンドブック…

技術書「The Art of Monitoring」ナナメ読み

The DevOps Handbookで紹介されていた「The Art of Monitoring」が面白そうだったのでナナメ読みしたメモ。The Art of Monitoring (English Edition)作者: James Turnbull発売日: 2016/06/08メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る Web-Scale企業(た…

英語技術書を機械翻訳で読みまくる方法

ふとしたキッカケで英語技術書を機械翻訳で読みまくれる環境を整備したら非常に快適になったのでご紹介。要約すると、定額制無制限の書籍サイトに加入して、バルクでGoogle翻訳をかけてざっくりと技術書を読む方法について。 これまでの英語技術書読書環境の…

Postmortem Culture: Learning from Failure(Site Reliability Engineering Workbookつまみ食い#2)

引き続き、「The Site Reliability Workbook: Practical Ways to Implement SRE」をつまみ食い中。今回は同書の「Chapter 10. Postmortem Culture: Learning from Failure」に関して。ポストモーテムなんて言葉は数年前までまったく聞いたことがなかったのだ…

ACM Professional Membershipの登録

思うところがあって、ACM Professional Membershipに登録したメモ。ACMはチューリング賞などで有名な米国の計算機学会。会員になると学会誌Communications of ACM (CACM)が読めたり、論文や様々な情報にアクセスしたり、特典としてSafari Books Online でO’R…

PagerDuty Incident Response Documentationが良さそう(Site Reliability Engineering Workbookつまみ食い#1)

前回の記事で紹介した「The Site Reliability Workbook: Practical Ways to Implement SRE」が気になるので、興味があるところから適当に読んでいる。The Site Reliability Workbook: Practical Ways to Implement SRE作者: Betsy Beyer,Niall Richard Murph…

無料公開されたSite Reliability Engineering Workbookが面白そうなので目次を機械翻訳

SREを実践するための手引きとなる書籍「Site Reliability Engineering Workbook」をGoogleが無料公開、8月23日まで - Publickeyで知ったのだけれども、以前に読んで大変参考になった「SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支える…

日本語で読めるperf linux profilerの情報を整理する

最近いろいろとperf linux profilerについて調べていたので、見つけた日本語情報を中心にまとめておく。あまり需要はなさそうだけど。 perf - Wikipedia 書籍で読めるperfの情報 詳解システム・パフォーマンス 詳解 システム・パフォーマンス作者: Brendan G…

2018年上半期に読んだ本まとめ

2018年1月~6月に読んだ本のまとめ。カウント対象は期間中に読み終わったものに限り、読みかけの本は対象外としている。あと雑誌コミック類もけっこう読んでいるのだけれども、これは除外。 2018年上半期に読んだ本 2018年1月~6月に最後まで読み終わった本…