読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勘と経験と読経

略すとKKD。ソフトウェア開発やITプロジェクトマネジメントに関するあれこれ。

Kindle for Android での読書

book

ブログではあまり取り上げていなかったけれども、Kindleでの図書購入が続いている。わたし自身のリアル書店離れが酷い(むしろ浪費を抑えるためにリアル書店に行くことを避けている!)。というわけで、最近Kindleで読んだ本などについて紹介してみるなど。

Kindle専用端末を買わないワケ

最近は大型書店に行けばKindle Paperwhiteの実機が展示してあったりもするけれども、今のところまだわたしは専用機を購入する気分にはなっていない。そもそも窮屈な通勤電車が主戦場なので、スマートフォンが今のところベストサイズだと考えている。ポケットに入るサイズである、というのが一番重要なのだ。

唯一のネックはスマートフォンのバッテリーなのだけれども、今のところは支障は無い。

ついセール本を買ってしまう

出版関連の方には大変申し訳ないのだけれども、もともと自分は読書する本の半分くらいは新刊購入ではない。公立図書館で予約して借りるか、古書店(もしくはAmazonマーケットプレイス等)での購入である。しかし最近はここにKindleストアでのセール本が加わりつつある。

  • もともと「いつか読みたい」と考えている本が500冊くらいある
  • ついうっかりAmazonを見ると、このリストに上がってる本がセールになっている
  • 図書館経由で借りるのには時間がかかるし、古書店で購入するのと価格は大差無いので即購入

というわけで、文芸書とビジネス書を1冊くらいずつはKindleに同期して、気分によって読み分けているというのが近況である。

最近読んだ・読んでいるビジネス書

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

話題の書。残念ながら個人的な興味には刺さらなかったのだけれども、Fabをとりまく時代感を感じることができて楽しかった。

ファスト&スロー (上)

ファスト&スロー (上)

今読んでいる本。今はセールは終わってしまっているようだけれども、私は1000円以下で購入。昨年かなり盛り上がった本のようだが、非常に興味深い。。。

最近読んだ・読んでいる文芸書

盤上の夜 (創元日本SF叢書)

盤上の夜 (創元日本SF叢書)

第33回日本SF大賞受賞/第147回直木賞候補作である。SFというジャンルというよりは幻想文学のような印象。

男が言う。おれは、オブジェクト指向で作られた修羅だ。わかるか、そのことが。
盤上の夜 (創元日本SF叢書)

南極点のピアピア動画

南極点のピアピア動画

今読んでいる本。まだセールをやっているようだけれども250円という価格は有り難い。タイトルや表紙はアレだけれどもハードSFである。もうすぐ読み終わる。

さて次は何を読もうかなー。