読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勘と経験と読経

略すとKKD。ソフトウェア開発やITプロジェクトマネジメントに関するあれこれ。

アドレナリンジャンキー

Professional Engineer

今年最初のエントリー。未読だったデマルコの「アドレナリンジャンキー」がKindleで半額になっていたので読んだ(まだセール中のようだ)。ソフトウェア開発における、あるあるパターン集。表題にもある「アドレナリンジャンキー」というパターンは、猛烈に忙しい事が美徳とされている組織に関する話だ。

アドレナリン中毒の組織は、猛烈に動き回ることが健全な生産力のあかしだと信じている
アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン

知らないうちにアドレナリン中毒になってないか

「アドレナリンジャンキー」というパターンはソフトウェア開発組織の話だけれども、近年のソフトウェア開発を取り巻く環境を考えると、業界そのものがアドレナリン中毒になっていないかと思うことがある。

「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない(It takes all the running you can do, to keep in the same place.)」
赤の女王仮説 - Wikipedia

もちろん「猛烈に動き回る」ことが本当に価値となる場合もある。その時にはそうすればいい。でも、それが価値につながらないのにやたらと忙しくすればいいというものでもない。燃え尽きたら元も子もない。

というわけで、今年も気楽にマイペースでいこうと思ったのであった。
本年もよろしくお願いします。

アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン

アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン