勘と経験と読経

略すとKKD。ソフトウェア開発やITプロジェクトマネジメントに関するあれこれ。

Postmortem

情報システムの障害状況ウォッチ(2017年前半)

SEC Journal50号で2017年後半の情報システム障害状況まとめが公開されたので読んでみる記事。単なる野次馬なんだけれど、勉強になるので続けている。過去に書いた関連記事は以下の通り。 日経コンピュータ2017/8/3号特集「変わるITトラブル」を読んだ - 勘と…

日経コンピュータ2017/8/3号特集「変わるITトラブル」を読んだ

趣味のITトラブルウォッチャー活動として、日経コンピュータ2017/8/3号の特集「変わるITトラブル 実例1096件分析、新事実が明らかに」を読んだ感想。日経コンピュータ創刊の1981年から現在まで「動かないコンピュータ」コーナーなどに掲載された事例を分析し…

情報システムの障害状況ウォッチ(2016年後半)

SEC Journal48号で2016年後半の情報システム障害状況まとめが公開されたので読んでみる記事。いろいろあってすでに2017年も4分の1が過ぎてしまったので今更感もあるのだけれど。過去に書いた関連記事は以下の通り。 情報システムの障害状況ウォッチ(2016年…

情報システムの障害状況ウォッチ(2016年前半)

SEC Journal46号で2016年前半の情報システム障害状況まとめが公開されたので読んでみる記事。2015年度の分については以下のエントリを参照。生々しい話を読むと、自分がトラブルを引き起こす確率が減るんじゃないかと思っている。 情報システムの障害状況ウ…

IPA/SEC情報処理システム高信頼化教訓の2016/1~3の更新点を読む

IT業界(?)のトラブル情報を収集して、そこから教訓を抽出して公開するという取り組みをIPA/SECが行っている。わりと惰性でやっている感はあるのだけれど、2016年1月から3月までにいくつか教訓が追加されていたので目を通して感想を書いてみた。 情報処理シス…

情報システムの障害状況ウォッチ(2015年後半)、ポストモーテム

SEC Journal44号で2015年前半の情報システム障害状況まとめが公開されたので読んでみる記事。 前回記事はこちら。 情報システムの障害状況(2015年前半)あるいは検死解剖 - 勘と経験と読経 SEC Journal最新号の入手はこちらから。 SEC journal:IPA 独立行…

IPA/SEC情報処理システム高信頼化教訓がバージョンアップ

以前にこのブログで紹介したこともあるIPA/SECさんの「情報処理システム高信頼化教訓」がバージョンアップして、都度アップデートされるWebコンテンツになった(以前は分厚い報告書体裁のPDFだった)。これは何ぞと言うと「トラブルの原因や防止策が業界内で共…

情報システムの障害状況(2015年前半)あるいは検死解剖

SEC Journal42号で2015年前半の情報システム障害状況まとめが公開されたので読んでみる記事。残念ながら多くの障害事例は詳細が不明という残念な状況でもある。メメント・モリ。 SEC journal:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 メメント・モリ作者: 藤原新…

IPA「情報システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」を読む

IPAが2014年の5月に出した「情報システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」を読んだ。けっこうイイ事が書かれている気がするのだけれども、読むべき人に届いているのかはちょっと疑問がある。みんな読んだ? 重要インフラ障害情報の分析に基づく「情報処理シス…